Search this site
あるペシミストの日常
<< SHERLOCK 動画紹介 | TOP | ビーフ or チキン? >>
疲れたなあ

超ネガなので、たたんでおきますね(´・ω・`)




















長年務めた会社を辞めて1年が経ちました。


プロフを見ていただければわかるように

現在はバイトで食いつなぎながら求職活動中です。




納棺師としての経歴が長いし、

なかなか人手不足な職でもあるから

同業系ならすぐ見つかりそうだと思いませんか?



現実はそんなに甘くないのです



業界は狭く横のつながりもあるので

そこそこ名の知れた会社を辞めた私は

腰をやって辞めたとかの様々な情報が

人事の間でやりとりされるようなのです。


それでなくとも、

前の会社に退職理由や勤怠について問い合わせるのは

同業に限らず人事の常識のようですし…((((;゚Д゚))))



腰はもう、どうということもないので

働けるならばすぐにでも!という気概だけがあるのですが

同業、異業問わず

おかげさまで全敗です



中には書類選考の時点でアウトだったりして

面接の機会すらいただけずに

「貴殿の今後のご活躍を…」

なんて感じで終わってしまうことも。



前にも書いたかもしれない。


「おたくで活躍させてくださいよ!!!」


って思ってしまう(´・ω・`)



今日も、書類が送り返されてきたのですよ。

まあ、郵送してから2週間近く経っていて

電話が来ないってことはそうなんだろうと

ある程度 覚悟が出来ていたんですが。。



今回は、職業相談のプロに添削してもらった

自己PRと志望動機だったので

面接くらいはいけるんじゃないか、って思ってました。


甘かった。




たぶん、ダメなのには年齢だとか

人事の間のナニカだとか

そういうものがあるんだと思うんです。




でも、ちょっともう疲れてしまった…




自分がダメ人間なんだと否定され続けているようで

徐々に精神力が削られていきます。



一生懸命生きているんだけれども。





誠実であるように、人に思いやりをもつように、

犯罪なんてもってのほか、困っている人がいたら助けて、

他人に極力迷惑をかけないように…


でもダメなんです。




そりゃ人間ですから気心知れた相手とは

他の人間の愚痴や悪口なんかも言いますよ。

機嫌が悪い時にはついつい態度に出してしまったり。

誰かとケンカもします。

猫たんが粗相をしたら怒鳴ったりもするし。



結局、私は人間として欠陥があるようなんです。




どうも、良好な人間関係を長く築きにくいみたい。


新しく知り合った友達と仲良くなっても

ちょっと経つと疎遠になって、絶縁状態になる。

自分から声をかけるってのがちょっと苦手で

基本的に受身になってしまうし、

だから今、友達らしい友達はいません。


誰かを好きになっても、一途に想っているだけで

うまく好意を表したりできずに

友達として誕生日プレゼントを贈ろうとしただけで

「ストーカーみたいで怖い」なんて言われて

影で嘲笑われていたり。



1年の終わりだから誕生日がきているはず!

と思ってプレゼントを用意したわけじゃなく、

誕生日そのものは聞いていなかったけど

自分が私に星座を教えたんだぞ!?

星座ってのは範囲が決まってるんだ、

それでアタリをつけただけだぞ!?


それに「殺したい」なんて言った覚えはないぞ?

住所を聞いたのは、手紙を書きたかっただけで

家に押しかけるためなんかじゃないぞ?

手紙なんて今時、ってバカにするけど、

チャットやメールとかじゃなく

アナログの温かみで伝えたいことがあったんだ!


なんか、自分の身に起きたことを

我が身のことのように心配してくれて、

親身になって話を聞いてくれていたのに

それも「構ってちゃんの嘘乙wwww」と

影で言われていたらしい。



脈がないんだなー嫌われてるんだなーと

当時もものすごく落ち込んで

その時いた友達にも心配も迷惑もかけちゃったけど

それなのに嫌いになりきれない自分がイヤ。



話はそれたけれども、



バイトで一生懸命身を粉にして働いていたら

泥棒扱いされてしまったりだとかも、そう。



私はそういう評価を受けながら生きてきました。




オカンが数十年前、痛い思いをして

私をこの世に生み出してくれて、

その時は周りの人間が喜んでくれたはずなのに。

過不足ない愛情を注いで育ててもらって、

いっときは人並みの生活を送れてた。

彼氏もいたし、友達もいたし、仕事もしてた。


一時期は心を病んで、

生きるか死ぬかの生活をオカンと送ったこともある。


立ち直って天職と思える仕事に出会えて、

懲りずに誰かを好きになったり、

フラれては落ち込んで、

いろんな人と知り合って仲良くしたり、

いい先輩に出会って、仕事のことも

おいしいものも教えてもらったり、

そうやって今までやってこれた。



でも、仕事を辞めてしまったら。

正確には、ストーカー扱いされたことも

休職中で会社を辞めてはいない時期だったけれども、


私は社会のゴミでしかなくなってしまった。



職業相談の人も言ってた、

この年齢だと次の仕事が見つかりにくいことは確か、って。

不況の世の中ですしね。

あと10年若ければ相応の仕事はいくらでもあるし

逆にあと10年歳をとっていたらそれなりの仕事があるんだそうで。


お金があれば、資格のとれる学校に入って

やり直すことも可能なんだけれど

休職期間が長かったので、もうないし。

オトンの借金を払ってなければもうちょっとマシだったんだけどw



つまりなんていうか、

無駄に歳ばっかりとって中身も何もない

ダメ人間になってしまったわけですな。


せっかくオカンが生んでくれたのに、

そんな人間にしかなれなかった。つらい。キツイ。



求職活動がうまくいかないのも

なんとなくわかってしまって

次に応募するのが怖くなってしまう。


でも一人で生きていくためには

(上に書いたように私は人間関係がうまくないので

 結婚も出産も年齢的にも厳しそうだし)

アルバイトより正社員の方がいろいろと良かろうと思って

その手を探してるんですが

やっぱりもう少し敷居の高くないアルバイトで

どうにかするしかないんだろうか…



ていうかぶっちゃけ


もう生きていたくないんだけど。



こんな社会のゴミは居ない方がよくて

私なんか生きてる意味も意義もなくて

悲しむのはオカンくらいなもんだし



とかって考えてしまうわけだ。



でも、以前に心を病んだ時と違うのは、

私が人の死と日常的に接するという経験をしたこと

これが「自殺ダメ、絶対」

強く歯止めをかけているのです


ちょっと脆くなってきてるけどな…w



もう、誰にも認められないで

否定されまくる人生なんて疲れたよ…





件のストーカー扱いから

最近の記事にも書いた

友達にカットアウトされた辺りから

諦観のようなものをもっていて

自殺はしないけどいつ死んでもいい

くらいに考えるようになっていて

あとは寿命がくるまで細々と生きていこう

いわゆる「消化試合」だ

なーんて思っていたのに

実はちょっと試合放棄したくなってきている。


どうしたもんか。

posted by ほしょ | 18:30 | つぶやき。 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hosho.jugem.jp/trackback/685
トラックバック