Search this site
あるペシミストの日常
<< ドットアット | TOP | ダメージは終わらない >>
老いらくの恋

明確に年齢は明かしていませんが

私もとうとう結構な歳になってしまいました。



過去の酷かった恋愛と同じ道を辿った

ネトゲ絡みの恋愛がもう3年も前。

好きだった人が実は私を大嫌いで

味方のふりをして陰口を叩きまくっていたのが

もう一昨年の出来事。


それでもまだ未練がましく

一昨年の人のことを忘れられないというか

諦めきれないでいたものの

去年の秋くらいにはそれどころじゃない身の上になり

たぶんもうずっと人を好きにはならないんだろうな

なんてぼんやり考えていた去年の年末。



学習能力のなさは 自分でも嫌になるほどで

「もう恋愛なんてしないぞー」とか思ってても

どうしてかまた、誰かを好きになってる面倒くさい私。


とはいえ、だいぶ年齢がアレになってきているので

「好きな人がいるんだー」とかってのが

ちょっとサムイというかイタイお年頃というかなんというか。


結婚しているわけでも特定の彼氏がいるわけでもないので

別に恋愛なんて自由だろうよ、とは思うんだけれど

なんていうか、『恋愛』って字面や語感からして

青春まっさかりの若者のものってイメージが・・


おいらみたいなオバチャンには似合わないよねww

若い子に「BBAキモっwww」って笑われちゃうよねww


って考えたりもするんだよねぇ。



例えば街中だとか入ったお店だとかで

「あらイケメン」「ちょっといいな」って思う人がいても

明らかに年下だろうし、そういう人にはきっと

若くてカワイイ彼女や奥さんが居たりするだろうし

「あらイケメン」「ちょっといいな」って思うだけで

それで終了って感じ。


よく行くコンビニや美容院の店員さんとかで

多少の接点でもあるならば、まだ

彼女の有無を聞いたりだとか

会話を持ちかけて仲良くなるだとか

若ければ自分の美醜はさておいて積極的もなれようものだけど

美醜で劣る上に年齢でも劣ってしまうのが悲しいところ。



何故か奇跡的にアプローチをしてくれた

少し前に紹介したリンスさん(仮名/笑)はああだったし

ずっと前の年下の彼氏もただDTを捨てたかっただけ

というお粗末な付き合いだったし


なんていうか、うまくいかないものですな。




今ちょっと、好きかも。って思ってる人も

たぶん親子かってくらい歳が離れている年下の男性。

顔の美醜や体型に関してはおいとくとして

私の年齢が若ければ一歩を踏み出せるだろうけれど

そうもいかない状況で少しつらい。


年齢的に年上の男性となるとなかなか会わないし

既婚者率がグンと上がってしまう。

年上好みだったおいらはどこへ行ったやら・・ww


まあ年上でも年下でも、

「結婚しなきゃまずいかな」って負担に思われてしまうだろうし

年齢的にも体調的にも子供は難しいと諦めているから

結婚してくれよ!!!!!!とまでは思わないんだけど

孤独死の未来が見え隠れする現状で

身近に誰か居てくれたらいいな、とは思う。



今、好きかもと思ってる人はものすごく好青年で

私みたいなオバチャンにも優しく接してくれるし

頭もいいし、話も面白い人。

聞いたことないけど彼女が居てもおかしくない。


仲良くしてくれるだけで儲けもの、と思うのが一番なのはわかってる。

でも彼女にしてほしいとかって希望でもなく

単純にもっと仲良くなりたいと思ってしまうし、

何かの拍子に大好きだと言ってしまいそうで怖い。

(言ったら最後、ドンビキされて仲良くなくなってしまいそう)

バレンタインも近いしね。


これが私が若ければ、可愛ければ、スタイルが良ければ、

好きな人に好きな時に大好きと伝えられるんだろうに、

と思うと、やるせない気持ちになって、悔しくもなる。


ないものねだりなんですけどね。




唯一の救いというかなんというか

好き度?というかそういうものは

私を嫌ってた一昨年の男性には

皮肉にもちょっと及んでないという点ですかね。


今じゃだいぶゼロに近いくらい薄れてるとはいえ

多分この人を一生好きだろうな、と思ったくらいなんで・・




思えば私は、彼氏がいたこともあったわけだけど

絶対に叶わない、振り向いてもらえない相手ばかりを好きになってる気がする。


シャーロック・ホームズ(二次元かつ女嫌い)。

男の子だと思ってた女の子。

私を嫌っていた男性。

内心で私の前職を見下していた同じ会社の人。

主治医。


何かの呪いなんだろうかw



生まれた時に父親が「この子(私)は絶対に嫁にやらない!」と

感激のあまり叫んだらしいのが原因、とオカンとは笑っている。

それが意外とマジだったりするのかもwww

(ちなみに言われなかった妹は既婚・2児の母)


あと、ちょっと前にオカンに不気味なことを言われました。

職場に自称霊感持ちの人が居て、

「娘さんに若い男の生霊が憑いてる。

 娘さんの寝床のタオルケットと掛け布団の間に居て、

 娘さんが寝る時は抱きしめている」

と言ってきたそうです。


私は子供の頃からタオルケット好きで、

寝る時は毛布や薄掛け布団よりも

タオルケットが安心して眠れるというタイプ。

夏ならまだしも、冬でも

まず体に触れるところにタオルケットがないと

落ち着いて眠れないという習性があるのです。


たぶん今の時期なら、

毛布と掛け布団という組み合わせが一般的でしょうが

私はタオルケット2枚と電気毛布+掛け布団という組み合わせ。


オカンはそのことを話したことはなかったらしい。

胡散臭い話ではあるものの、タオルケットというワードが

妙にリアルというか信憑性を高めるというかで

気になってメールしてきたとのこと。



リンスさん()とのことが最近なので

リンスかな?と思ったのですが

私と歳が近く、若いとは言い難い容姿。

(ちょっとおなかもでてる)


そういえば最近体調を崩しがちだけど、

心配かけるといけないんでオカンには

「何ともないよ」とは言っておきましたが・・


いつから居るのか知らないけど

これが何かの障害()になっているのかも!?wwwww



死霊ではなく生霊とのことなので、

お心当たりのある若い男性は名乗り出てくれていいんじゃよ?w

「ほしょさん好きスキ」じゃなくて「ほしょ死ね」とかで

取り憑いてるってのでもいいんだよ?


まあ生霊とばすのって

本人無意識っぽいから無理でしょうけどもね。。


これだけモテない人生を送ってきていると、

「得体のしれない誰かの生霊でも抱きしめてくれるならいい」

とかちょっと錯乱してしまうwwwwwwwww




BBAなんだからお年寄りらしく

恋愛なんてする気も起きないっていう枯れた人間になりたい。

寂しいって気持ちも、湧いてこないだろうし。

この先ずっと一人でいるのが変わらないことなら、

叶わない恋(笑)に感情を波立たせるよりも、

凪いだ心で過ごしていきたい。


※高齢でも恋心を忘れない方々を否定するつもりはありません

 チャー○ーグ○ーン(若い人は知らないと思う)に憧れる人間なのでw

posted by ほしょ | 01:28 | つぶやき。 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hosho.jugem.jp/trackback/696
トラックバック