Search this site
あるペシミストの日常
悪意の人

前にもどこかで書いたことある気がするけれど、

私はネットの人間関係だからといって

簡単に切れるタイプではありません。



簡単にカットアウトできるというのは

ネットの利点ではあるけれど

よほどのことでは行使したくないと思ってます

画面の向こうにいるのは、心がある人間だから。



でもそれは、綺麗事を言ってるという訳ではなくて

自分がそうされたら嫌だから、という点に尽きる、

ある意味自己中な考えなのであります。





今日、とある人にTwitterのフォローを外されました。



その人に限らずフォローを外されるだとか

ブロックされるだとかは何度か経験しているので

慣れ…


るわけねえだろ



たとえどんな人であれ、どんな理由であれ

心臓つかまれたみたいな思いを

強弱の差はあれど、その都度していますよ。




まあ、その人とは、

いろいろタイミングが悪いということが何度か。


今日のことで言うなら、

迷惑メールというか、よからぬ縁で知り合った方から

あまりよくないメールを受信していて、

その内容に対するリアクションをTwitterで書いていました。


その時、その人は、持論をTwitterで語っている真っ最中。


リログのタイミングによっては、

その人が自分のことだと思ってしまいかねない…!

と思って、削除したりはしてましたが

そうこうしているうちにフォロワーが一人減り、

まさかと思って確認したら、まさしくその人でした。


ニコ生のコミュにも入ってくださっている人なので

チェックしましたが退会した後でした。




前にも何度か、その人には

全然関係ない私のツイートに噛み付いてこられたり

フォローも外されたり ということがあり。


気に入らないなら見るな!!とツイートしているのを見て

「ああ、私はこの人にかかわらない方がいいんだな」と認識、

その人が疲れているツイートや、落ち込んでいるツイートに

何か励ましの声をかけたいと思っても


少し理不尽な文句を並べるツイートに

「こういうことでは?」と意見を述べたいと思っても


私の言葉は悪意にとられがちだから(特に後者は)

逆撫でしてもいけないし、そっとしておこう

と思っていました。


かまってくれる人は、他にもたくさんいましたから。






Twitterだから何をつぶやいてもいい、とは思いません。

ある程度の配慮が必要なのはわかっていますが

ちょっとした、フォロワーの誰宛でもないネガなツイートをして

それに過剰に反応されてしまっても困惑してしまいます。


ネタ的に、怒ってるツイートに「ご、ごめん><」とかリプる、

そういう絡みならまだしも…マジギレって。




それに、ネガなツイートで言うならば、

その人だって日常的に行っているわけだし、

それに誰がどういう反応を返そうが、

文句を言えた立場ではないとも思うのです。


自分はするけど、他人のそれには過剰反応して噛み付く。

自分はするけど、他人がしているのは許せない。



それは、いわゆるダブルスタンダードであって、

あまりよくないことだと思うのですよねぇ




自分もしてるんだから、他人のも許容しようよ

私のツイートはすべてあなたに向けたものではないのですよ

私が女だから、そんな反応なんでしょうか?

それとも私が嫌いなんですかね?



そういう社交辞令的なフォローなら、

まあ切られても仕方ないです



でもね、前にその人に言われたんですよ。


「私はカッとなると後先考えず感情のままに行動してしまって、

 人を傷つけたりもするし、後悔することもたくさんある。

 ごめんなさい」

ってね。


心のままに行動した結果後悔を招くのはよくあることで

私もそういうことは多々あります。


自分に心(感情)があるように、

画面の向こうの文字だけの関わりをもつ相手にも

やはり心(感情)があるのですよね。



あの時謝ってくれた言葉はなんだったんだろうなって、

一人減ったフォロワーの数字を見ながら考えます。



私は、カットアウトはしたくないです。

今回のことで、もう私がその人にとって

悪意と敵意に満ちた人間だと認識されたのなら

もう、それでいいです。

そうすることでその人が、心の平穏を得られるならね。


自戒。

posted by ほしょ | 23:30 | つぶやき。 | comments(0) | trackbacks(0) |
どうすれば
どうすれば私は

大切な人に

嫌な思いをさせずに済むんだろう



心配かけずに済むんだろう





惰性で生きてるだけの

無価値な私なんか

捨て置いてくれていいのに



そりゃ、ちょっとは嬉しくも思うけど

心配かけておいてそれを嬉しいと感じるだなんて

おこがましいにも程がある


根っからのクズじゃん






もうホントにどうしたらいいかわからない



これでまた呆れられて距離はあくだろうな


姿が見えるうちはつらいけど

私は静かに生きなくてはいけない

苦しいだけの人生の方が

生きることに希望なんか持たずに済むから



posted by ほしょ | 03:04 | つぶやき。 | comments(0) | trackbacks(0) |
無気力。
再発した可能性も無きにしも非ずだけど

どちらかというと

鬱を発症したんじゃないだろうか



というくらい

抗いがたい無気力の波が

絶え間なく襲ってくる



何かしようと動く

或いは動こうとする

途端に無気力になってその気が失せる


何とか振りほどいて動き終えると

疲労感がハンパない



なんていうか

身体も、心も、頭もくったくたで

異様に疲れてすぎてるって感じ

ぼーっとしてて、眠たいような



無気力にならずに動ける時もある

そういう時は無気力につかまらないうちに、と

急いで用事を済ませる



病院行くべきかも?

お金と保険どうにかしないとだけど。
posted by ほしょ | 00:18 | つぶやき。 | comments(0) | trackbacks(0) |
求職生活

愚痴です。


最初に言っておきますw






誇りだった仕事を失ってから、2ヶ月と少し。


最初の頃は無気力で、情報誌も流し見でした。

とある飲食業の面接を受けに行き、

前職について聞かれたので、正直に答えました。


「死体を触ってた手で飲食業はちょっとねぇ(苦笑)」


打ちのめされて帰宅。


誇りだった仕事を貶められて愚痴った私に友達が一言。

「また同じ仕事やれば?むしろなんでやらないの?


目からウロコでさっそく検索をかけてアポを取り、

経験者である強みを面接でも売り込んだのですが

意外なところにも息がかかっているのか、不採用。



私の腕が買われないなら、何の仕事でもダメなんだ。



そんな気になってハローワークへ行くのも億劫に。




でも現実は、そうも言ってられない状況に。(金銭的な意味で)




それから私は、バイト情報アプリを入れ

ネットでも検索、登録している転職サイトの求人情報に

片っ端からエントリー。

雇用形態にこだわらず、未経験歓迎なら未経験でも、

月々の出費のことを考えて収入面を多少選んだ程度で

ほぼ手当たり次第に。

もちろんハロワも。



書類選考の段階で落ちる場合もあれば、

はるばる面接に出かけて行って落とされる場合も。

好感触であっても油断は禁物。


「種々慎重なる検討の結果、誠に遺憾ながらご期待に添いかねる結果となりました」

「慎重に検討いたしましたが、 今回はご希望にそえない結果となりましたことを…」

「慎重なる選考の結果、残念ながら貴意にそえませんでした」


…こんなもんです。

「是非面接受けてください!」ってオファーがきた企業ですら、ね。

そして定型文なのはわかっているのですが、

大抵が「今後のご健勝とご活躍をお祈りしております」と結ぶ。


御社で活躍させてくださいよ!!!







たぶんね、ネックは年齢なんですよね。


新卒の就職率だって厳しいこの時代、

BBAな私が易易と就職できるはずがない。



アルバイトの面接ですら通らないとなると、

私という人間自身を否定されてるような気にもなってくる。


折れそうになる心を奮い立たせて、

新しい履歴書を書き始める。






履歴書代、証明写真代、交通費…

就活にも結構チリツモな雑費がかかるものですね。

それでも食費を切り詰めたり、

極力電気の使用を控えたり…




気休めといえば、スカイプかけてきてくれるフレさんと

マビや麻雀(雀龍門)。

ニコ生も、フレさんがいない時にちょっとやってみたり。

長い休職期間で夜型に移行しつつあるサイクルも、

面接のない昼間はおひるねする程度で

極力起きて何かするように心がけて

カラオケ行きたくなったらニコ動見ながら歌ったり

ipodをスピーカーにセットして歌ったり、たまに踊ったり。



父代わりの叔父が危篤となれば

片道20km原チャリ飛ばしてお見舞いに。


お金がなくても心まで貧しくなっちゃいけないって

なるべく笑顔を心がけて明るく振る舞おうって。





そんな生活。



私なりにがんばっていました。





でも、ある日、ある友人にこんなことを言われました。


ほしょさんの生活には呆れてる。

職安行ったりバイト始めたりしないで

ゲーム三昧、夜更し三昧。

アドバイスしても受け入れてくれない。

生活の改善をすべき。

もうかける言葉もない。

(意訳)





その人の目には、私はまるでニートのように

日々をだらだら過ごしているように映っていたのでしょうか。



友達としての苦言。

ありがたく受け取らなければいけない忠告。




でもね、でもね。


面接たくさん受けてるんだよ。でも落ちるんだ。

太ってるのが悪いのかなって、ダイエットもしてる。(他の理由もあるけど)

書類選考で落とされないようにレジュメも何度も手を入れてる。

確かに夜更しもしてるけど、その分昼間起きてるようにがんばったり

マビだって基本的に夕方以降にしかしてない。

がんばらなきゃ、って何回も面接にチャレンジするのも、

がんばってね、って言ってくれたからだよ。



そんな、甘えた言葉が涙といっしょに出てくる。





手っ取り早くお金を手に入れるためには

体型や年齢を活かせる、その手の嗜好の人向けな

デリでヘル的な仕事も考えたこともある。

そういう仕事をしている人を貶めてるわけではなく、

むしろ私には出来ないから尊敬すらしているのだけれど

本当にそこまではしたくない、できないって思った。


お金のためなら、って割り切った考えができないことを

甘えと言われればそうなのかもしれない。




聞かされた時に、もう死にたいと思った。

そこそこつらい思いもしてるのに

良くも悪くもそんな風に思われてたなんて。

好かれてはいまいと思っていたけど…orz

いや、友達だからこそ苦言を呈してくれたのかもしれない。




仕事さがそ!→決まった♪ って簡単にいけるなら

私はとっくに仕事を始めてる。


働きたいんだ!

タバコや缶コーヒー買うのに躊躇する生活なんてもうイヤだし

具合が悪くなったらすぐ病院に行ったり

前歯が欠けたら歯医者にすぐ行ける生活の方がいいに決まってる。

マビのワイバーンだって何匹も買い揃えたかったし

細工して強い武器もほしいよ。

エモ付きの箱だってほしかった。

ELで死にまくってエビフライ屋さんにならないように

ナオ石だってたくさん買いたい。


見かねたフレさんがワイバーンやハロウィンカード

プレゼントしてくれたのだって本当に申し訳なく、

とてもありがたく思ってるんだ。




何より親や友達に要らぬ心配させずに済むなら

早いとこ仕事決めて、心配の種、

減らしたいと思ってるんだよ!!!







でもダメな時はダメなんだ

もう疲れた

何かが壊れる音がしたよ




ユカンヤになりたての頃、なぜミスをするのか先輩に問われて

「がんばってるのになかなか仕事が覚えられない」

と答えた時の、先輩の言葉を思い出す。


「がんばってるとか努力してるかどうか判断するのは

 お前じゃなくて周りなんだよ!!」

「結果で現れなければそれは努力したとは言えないんだよ!」


先輩は正しい。判断する周りも正しい。





だから私は、もっとがんばらなくちゃいけない。

もっと、もっと…

posted by ほしょ | 13:57 | つぶやき。 | comments(0) | trackbacks(0) |
ばいばいしようか
また前みたいに話せたの嬉しくって

しっぽ振った仔犬みたいに懐いて

楽しい時間も優しい言葉もいっぱいくれて


それなのにいろいろ悩んだり

落ち込んだり


楽しい時間も優しい言葉も返せなくて

申し訳ないなって思ってて


割れた花瓶はたとえ接着剤でくっつけても

もう元の形じゃないって言ってた

一度壊れてしまったものは

完全には元に戻らないってこと

きっとそうなんだよね




安心させようとして

もう切らないって言ってくれたから

それで切るに切れないなら

私から切ったほうが安心させられるかなって

約束をやぶる人、嘘つく人に

させずに済むなって思うんだ


嫌われるの怖いし

その前にばいばいしようか
posted by ほしょ | 05:42 | つぶやき。 | comments(0) | trackbacks(0) |
古傷


ネガティブ注意報!

たたんでおきます。


続きを読む >>
posted by ほしょ | 10:10 | つぶやき。 | comments(0) | trackbacks(0) |
無題


傍から見たら

「そんなことくらいで?」って

思われるようなことかもしれないけれど



表向きは確かにそうでも

心情的なものでいえば とても複雑で


「そんなこと」だけで傷ついたわけじゃないというのは

たぶん誰にもわからないこと





昨日、新しくブログを書いて

内容のひどさにすぐ消しました



一度、文字にあらわしたら

消化?昇華?して

少しラクになった気がして


今まで通り元気にやっていけそうって

思い直して




ツイッターでもぐだぐだ言ってみたけど

元気になったよ!って書いて寝て


朝起きて、なんだかもう

それが手遅れみたいな

そんな感触があちこちにあって



なんていうのかな、

やっと芽が出たけれども

その元である種は

元気の種ではなくて

本当に文字通り

「自分で蒔いた種」だったっていう




私って、めんどくさい人間、なんだろな



自分でも嫌になっちゃうけれど

死ぬまで付き合わなきゃいけないから

仮面だとか鎧だとかをいっぱいいっぱい身につけて

少しでもラクに生きられるようにがんばらないと



せっかく芽が出たのだから


どんな花が咲いて

どんな実がなるのか見届けて


その花や実を抱いて 最後は逝こうと思うのです

posted by ほしょ | 13:11 | つぶやき。 | comments(0) | trackbacks(0) |
静かな夜


白夜のように名残っていた夕焼けを見送って

静かな夜がやってきました


夕焼けでもいいから ずっと見ていたかったな

って 完全に日が暮れた今では思うけれど



胸に突き刺さるくらい切ない夕焼けだったから

少し宵闇の中でじっとして落ち着こう


息を殺してじっとしていれば


そのうち夜の世界も終わるはず


posted by ほしょ | 13:35 | つぶやき。 | comments(0) | trackbacks(0) |
常夜の国
私は生まれた時間が夜だったのもあって

夜が好きです。


静かな紺碧の幕で何もかも覆ってくれて

射す光も月や星のようにささやかでやさしい。




そんなことも含めて、もう何年も前から、

私の世界はいつも夜です。



暗くて人影もなくて静かで

色彩には乏しいけれど

まっくらというわけじゃなくて



ちらほらと星が灯っていたり

月がのぼってきたりして


心が凍えそうになったり

醜く澱んだりするのを

辛うじて癒し、慰めてくれる。



基本的に夜なので、

なかなか明けないのですが


たまには太陽がのぼってきて

闇を払い、世界に色をつけて

きれいな空の色であたたかく

私を包んでくれたりもします。


朝がきて、昼のあいだ私は、

居心地は決して悪くない夜のことを

ほんの少しだけ忘れて、

ひなたぼっこなどしながら

太陽のいる世界の居心地のよさを

堪能してみたりします。



朝の世界の感動的な美しさは

夜が怖い幻なのだと錯覚させるので

いつかは太陽が消えてしまうのを

憂いたりもします


空が夕焼けの様相を呈してくると

ひどく悲しい気持ちになって

太陽が沈まないよう

無駄に足掻いてみたりもします



また暗闇に包まれて

その時にはまだ瞼の裏に残る

太陽の眩しさや

夕焼けの切なさにかき消されて

星の微かな光を見つけられずに



ただ、ただ泣いて


結局は私の世界は、夜だったと

ここが居場所だったんだと

気づくまで泣いて




明けない夜はないので、

また不意に朝がやってきたりしますが

その時間は冬のそれのようにとても短い。



暮れるたびに、

もう朝は来なくていいという

思いが強くなるのに



星と会話しようと覗く望遠鏡が

のぼる太陽の光を捉えてしまったりする




夜は嫌いじゃなくて

むしろ大好きなのに

朝のあいだは

とても恐ろしいものに思えて

太陽を仕方なく見送って

恐ろしさが消えてくると

夜であることに落ち着きを覚える




そしてまた

日が暮れました



いつになく短い朝だった


太陽がのぼるのを拒んだのも初めて

朝焼けを見ないようにしてた

それでも太陽はのぼってきて

朝がきたと思ったら

もう夕暮れだった




私の世界はいつも夜です




もう二度と明けないようにと

何度願ったことかな


今度こそ叶えてください お月さま

posted by ほしょ | 18:41 | つぶやき。 | comments(0) | trackbacks(0) |
うまくいえないけれど

マビでダンジョンに入っていた時に

同行者に別のお誘いがかかって

その人は「抜ける」とは言わなかったけれども

急いで終わらせることになったので



久々に遊んでくれた人なのにゆっくりできなくて

確かにちょっとだけがっかりはしたかも



でもちょっとトゲトゲしい言い方になっちゃったのは

ほとんど無意識だったけども

元旦那のことを思い出したから


急ぐこともせず途中放棄で抜けていく元旦那と

とりあえずクリアまでは同行してくれるその人とは別だったけど

よそに呼ばれてて心がそこにないのはまるわかりで

累積の差やPSの差で一緒に遊べないトラウマとか

そういうの一気に思い出して 心に渦がぐるぐるできてた





そういう動揺を隠せないようじゃ、私もまだまだですな

posted by ほしょ | 14:07 | つぶやき。 | comments(0) | trackbacks(0) |